活動の紹介

One Earthology Seminar

100年後のありたい姿を描きながら、学び、話し、考える One Earthology 協創の場

100年後、どんな地球に生きていたいか。そこに向かって、私たちは何をしていくのか。学生、企業・NPO等の方、本研究科教員等が参加し、異なる背景を持つ者が同じテーブルについてディスカッションを行います。時にトレードオフにもなる多様な視点をふまえ、One Earth Guardiansとしてどんな提案ができるのかを考え、課題解決に取り組むきっかけとなることを目指しています。

LUC Lecture LUC, Learn and Unveil through Conversation

見えざるところに LUC(=光) をあてるための講義

LUCには「光」という意味があります。学外、学内の講師によるレクチャーを受け、意見を交換することで、これまで見えていなかったこと・知らなかったことに目を向け、考える「=光をあてる」ための学びの場とします。

0 to 1 Workshop

ゼロからイチを創りだす力にふれる

ゼロからイチを創りだした経験をもつ起業家などの方々の実体験を活かした、ハンズオン中心のワークショップを通し、社会における課題を見出し、他者を巻き込みながら解決のための行動にうつすとはどういうことか学ぶ場を目指しています。また、そのための土台となるコミュニケーションやプレゼンテーションスキルを身につける場としていきます。

活動レポートの詳細はこちら

2018年度活動報告書

2018年度は、One Earth Guardians 育成プログラムが本格始動した最初の年度となりました。皆様からのご支援により実施された活動とこれまでの歩みをまとめております。ぜひご一読ください。

ダウンロードはこちら

リレーインタビュー

社会に資する農学
〜研究の最先端とその先を聞く〜

農学生命科学研究科で研究を行う教員たちが、自身の研究について、直面する課題や、どのように成果を社会に活かしたいかを語ります。One Earth Guardians育成機構長・農学生命科学研究科長(2018年度時点)である丹下健 教授が「第一走者」となり、次の走者を紹介するリレー形式でタスキをつないでいます。

※2019年度中公開予定

講演・執筆・取材記事の紹介

  • 牛から考える、これからの地球――私たちは100年後の地球のために何ができるのか

    牛を出発点に人間や自然や命について考えるウェブメディア『牛ラボマガジン』に、プログラム発起人の高橋伸一郎教授のインタビュー記事が掲載されました。「牛から考える、これからの地球」をテーマに、プログラムのミッションなどが語られています。

    「牛ラボマガジン」に掲載

  • 第56回農学部公開セミナー「100年後の地球に私たちは何ができるか ―農学部発の新しい教育研究の提言―」

    プログラムの目標や背景、農学とSDGsとの関わりについて、プログラムを牽引する教員たちによる講演が行われました。東大TVから講演動画を視聴いただけます。(2019.6.29 開催)

    東大TVに掲載

  • 100年後の地球を守る人材育成プログラム

    1期生の小川裕太郎さんが、プログラム紹介記事を執筆しました。受講生の視点から、プログラムの活動や、自身の研究テーマを活かして目指す地球医像についてつづられています。(実験医学 2019年12月号 Vol.37 No.19)

    「実験医学 Opinion-研究の現場から」に掲載

  • 早稲田理工 by AERA 2019

    プログラム発起人の高橋伸一郎教授のインタビューをもとに、早稲田大学理工学術院による早稲田地球再生塾(WERS)との連携について紹介されています。(早稲田理工 by AERA 2019)

    早稲田理工 by AERA 2019に掲載

  • 東大が100年後の“地球医“を育成

    プログラム開始について取材していただきました。プログラム発起人の高橋伸一郎教授のインタビューも掲載されています。(ニュースイッチ 2018.5.24)

    「日刊工業新聞 ニュースイッチ」に掲載

  • 教育を起点に産官学で取り組むSDGs達成の試み「One Earth Guardians育成プログラム」

    一般財団法人バイオインダストリー協会の機関紙B&Iに「機構紹介」として、プログラムについての記事を寄稿しました。(バイオサイエンスとインダストリー 2018 Vol. 76 No. 4)

    「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」に寄稿

  • いま、東京大学が始める100年プロジェクト One Earth Guardians(地球医)育成プログラム

    事業構想大学院大学の出版する「環境会議」に、キックオフ公開シンポジウム(2018.05.18開催)の模様が掲載されました。(環境会議 2018年秋号)

    「環境会議」に掲載